今話題のことに乗っかるメディア

甚大な影響が出る可能性がある麻疹、その対策と注意点について知っておきましょう

流行り病というものはいつの時代でも突発的に起こるものですが、最近は特に麻疹が突如として発生しており注意喚起が成されています。発生元は沖縄とされているのですが、つい先日遂には東京の町田で罹患者が出たというニュースが報道されました。

麻疹に掛かったらどうするべきなのか

麻疹(はしか)に関しては名前は知っていてもそこまで内容を知らないという人も少なくないでしょう。

これだけは覚えておきたいのですが麻疹はとても強い空気感染力を持っており、予防が第一の防衛手段となってきます。

その予防に関してはやはり麻疹のワクチン接種を子供の頃にするのが一番大事となるので、仮に自分がそのワクチン接種を受けたかどうかという点は母子手帳でチェックをしておきましょう。

もし受けてない可能性や過去に罹患したことが無い場合には、なるべく早期に麻疹のワクチン接種を受けるのをおすすめします。

とにかく空気感染力が強いために、マスクなどでも掛かってしまうと飛散は早々に防げるものではありません。仮に自分が麻疹の感染の可能性があると考えられた場合には、直ぐに医療機関を受診するのではなく事前に電話連絡をすることがとても大事になります。

事によっては隔離による治療が最適となるために、医療機関への電話連絡により適切な支持を受けることがまず第一になります。

麻疹などのワクチン接種を巡るスタンスについて

麻疹などに関してはワクチン接種が非常に効果的となっているのですが、最近のワクチンを巡るスタンスを見てみるとワクチン自体が危険なのでうちの子供には受けさせませんという親がいることには驚きました。

またワクチン自体はダメだけれど自然罹患で抗体を付けるのは大丈夫というスタンスを持っている親などもおり、これはいわゆる代替医療などと関連が深いのかもしれません。

ですがこれらの素人考えの対策は子供の将来を考えるとダメだと個人的に感じています。

折しも日本は国民保険がしっかりとしている国であり、ワクチン接種も安価な価格で受けられる恵まれている国なので予防接種などはちゃんと利用するのをおすすめします。

麻疹に関してもワクチン接種の有無が予防や対策に第一歩となっているので、この機会にしっかりとチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です