今話題のことに乗っかるメディア

存在しているだけでも面白い天才芸人「柳沢慎吾」の人物像に迫ります!

柳沢慎吾は一言で表現するならば存在しているだけで面白い人です。スターになる人は誰もが独特なオーラを持っています。例えばマイケル・ジャクソンやエルヴィス・プレスリーなど世界的な大スターは、そこに存在するだけで次の瞬間何か面白いことが起こりそうな予感を抱かせるオーラがあります。

清水 清隆さん(@k_shimizu)がシェアした投稿

柳沢慎吾は面白い!

柳沢慎吾は天才芸人です。

彼もまた独特なオーラを持ち、登場しただけで何かが起こりそうなワクワク感を見る者全てに与えることができます。

彼のように見るもの全てに何か面白いことが起きそうな予感を与える人物はそう多くはありません。

柳沢慎吾のプロフィール

柳沢慎吾は1962年3月6日生まれで、出身は神奈川県小田原市です。子供の頃からテレビが好きで、ものまねをしては周囲の人たちを笑わせていました。

家族は彼の他に両親とお姉さんが1人います。1971年から1982年まで日本テレビ系列で日曜日に放送されていた「TVジョッキー」という番組には、素人時代に「てっちゃんしんちゃん」というお笑いコンビを組んで出演しています。

1978年にはTBSテレビで放送されていた「ぎんざNOW!」という番組の「素人コメディアン道場」で第19代目のチャンピオンとなり本格的にデビューしました。

その後は「3年B組金八先生」や「ふぞろいの林檎たち」などのドラマにも出演し俳優としての地位も確立しています。柳沢慎吾は芸人として広く知られていますが、俳優という別の顔も持っています。

彼が披露するネタの数々は高い演技力の持ち主であることをうかがわせるものです。

柳沢慎吾のネタの数々

BAY_RYOHEIさん(@bay_ryohei)がシェアした投稿

柳沢慎吾は事象ネタや人物模写の他にも、ダジャレやギャグフレーズで人々を笑わせます。

例えば彼の決め台詞の1つに「あばよ!」がありますが。これは彼が大ブレイクするきっかけとなったフレーズです。

1989年にとんねるずの「仁義なき花の芸能界全部乗っ取らせていただきますスペシャル」という番組の中の「芸能人ねるとんコーナー」で相手の女性からごめんなさいをされた際に、「あばよ!」と言い放ち視聴者を爆笑させました。

「あばよ!」は柳沢慎吾の代名詞とも呼べるフレーズですが、「いい夢見ろよ」も彼が好んで使うフレーズです。

彼を見る者全てがいつ「あばよ!」、「いい夢見ろよ」というフレーズが飛び出すか期待しています。

この2つのフレーズは何度聞いても面白いのです。例えばマイケル・ジャクソンにはムーンウォークやゼロ・グラヴィティのような定番のパフォーマンスがあります。

彼がステージに登場した瞬間、観客はワクワクしながらその瞬間を待つわけです。そして何度見ても面白く、必ず歓声が上がります。柳沢慎吾は世界的な大スターであるマイケル・ジャクソンと同じように観客をワクワクさせ、楽しませる稀有な才能の持ち主です。

柳沢慎吾は結婚しているのか?

柳沢慎吾はコメディアンとしてだけでなく、俳優としても高い評価を得ています。

1986年にはエランドール賞新人賞を受賞しました。この賞は日本映画テレビプロデューサー協会が選定し、映画やテレビ番組作品、新人俳優、番組プロデューサーなどに毎年送られています。

コメディアン・俳優として地位を築いた柳沢慎吾ですが、1992年には一般人女性と結婚しました。彼の代名詞とも言えるギャグフレーズが「あばよ!」ですが、プロポーズの言葉は「おい、いい加減、あばよと言わすなよ」でした。ちなみにお子さんはいないそうです。

柳沢慎吾の天才的なものまね

柳沢慎吾のものまね芸は天才的です。一人甲子園では選手や応援ん観客、実況など全てをこなします。

一人警察24時ではタバコのラッピングのビニール使い警察無線の割れた音質を再現して爆笑を誘います。

この警察無線の模倣も何度見ても面白い彼一流のものまね芸野1つです。人物模写では若山富三郎や堺正章、山城新伍、舘ひろしなどのものまねを得意としています。

まとめ

柳沢慎吾は天才的なコメディアンです。事象ネタや人物模写などのものまね芸の他に、ダジャレやギャグフレーズなど様々な笑いのネタを持っています。

彼は俳優としても高く評価されており、高度な演技力に基づいたネタは何度見ても飽きることがありません。見るもの全てを爆笑させることができる稀有な才能の持ち主です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です