今話題のことに乗っかるメディア

熱い女優魂が光る「清野菜名」のプロフィールや出演作品・インスタに関する情報まとめ

清野菜名さん(@seinonana)がシェアした投稿

透明感のあるルックスとスクリーンの中での存在感が、数々の監督や俳優を虜にしている清野菜名さん。

ここでは、そんな清野菜名さんのプロフィールや魅力的な姿を見ることができる出演作品・インスタグラムに関する情報をご紹介します。

清野菜名のプロフィール

清野菜名さんは、1994年10月14日生まれです。若いのに、肝が据わっていますよね。

出身地は愛知県稲沢市で、血液型はB型、所属事務所はステッカー。身長は160cmで、体重は非公開です。

スレンダーなスタイルでも、意外と筋肉はついています。

作品中で見せるバネのあるしなやかな動きは、彼女のストイックさによるものなのでしょう。

作品に華を添える清野菜名さんの健康美!

そんな清野菜名さんの健康的な美しい体をおがめる作品は、「TOKYO TRIBE」です。

邦画の可能性に挑戦し続ける監督「園子温」の映画ですね。

主演は、「変態仮面」から大河ドラマまで幅広く活躍する鈴木亮平さん。ラップ、ヒップホップを織り交ぜながら、東京での血気盛んな若者の抗争を描いた作品でした。

清野菜名さんは、監督から脱げるかどうか聞かれたときに、迷うことなく即答で「脱げます!」と断言したそうです。映画は賛否両論分かれる評価でしたが話題になり、清野菜名さんのキュートな姿にも、たくさんのファンがつきました。

清野菜名はモデル出身!ピチレモンで表紙を飾る売れっ子!女優は天職かも

清野菜名さんは、小学生から中学生の女子向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルでした。

モデルになったきっかけは、第15回ピチモオーディションでグランプリ・ペンディーズ賞に選ばれたことでした。

また、ヤングジャンプとプレイボーイ主催のアイドルオーディション「グラビアJAPAN」で最終候補に残り、準グランプリに輝きました。

しかし、清野菜名さんの心に燃えたぎる情熱は、写真の被写体になるだけでは、満足できなかったようです。

高校生の頃にはアクション部に所属し、抜群のスポーツ神経と根性を活かせる、アクション俳優を志すようになります。

その後、アクション女優としてスタントに頼らずに戦う姿を見て、共演者や監督は、彼女の類まれなる才能に注目するようになります。

少年のような身軽さと清潔感、気の強そうな瞳と身ごなしの色気、天真爛漫な笑顔など、いろいろな顔を持つ清野菜名さん。女優はまさに天職なのではないでしょうか。

運動神経の良さがわかる動画(インスタより)

#ATT おつかれーらいす

清野菜名さん(@seinonana)がシェアした投稿 –

清野菜名の出演作品!スターへの階段をまっすぐに駆け上がる

清野菜名さんは、大胆な演技で注目された「TOKYO TRIBE」で知名度を上げ、「素敵な選TAXI」や「ウロボロス」、「永遠のぼくらsea side blue」などでも、「あの子、誰!?」と話題になる可愛さでした。

ウロボロスではミステリアスさで視聴者を惹きつけ、小栗旬さんや生田斗真さんといったスター俳優の前で、堂々とした演技を披露してくれましたね。

そして、「コウノドリ」や「ゆとりですがなにか」などの有名ドラマにも出演し、ついには「トットちゃん!」で黒柳徹子さんを演じるほどの女優になりました。

また、朝ドラ「半分、青い。」にも出演中で、大物俳優の側でイキイキと演じています。もちろん、映画の出演も順調で、「金メダル男」、「暗黒女子」、「ユリゴコロ」などで、女優としてのふり幅の広さを見せつけています。

清野菜名のインスタグラムが気になる!素顔はどんなコ?

おつかれーらいす。 #トットちゃん #パーフェクトレボリューション みてね。

清野菜名さん(@seinonana)がシェアした投稿 –

清野菜名さんのインスタグラムを見てみると、私服のおしゃれさと個性的な性格が分かると思います。

明るい笑顔がはじける、アクティブな雰囲気の画像が多いですね。薄化粧か、ほぼすっぴんの状態ですが、アップになっても肌がきめ細かくて白くてキレイです。

それに、ゴルフをしている姿や変顔も見れて、こんな子が彼女だったら楽しいだろうなあ、と思わせてくれます。

たまに見せる色っぽい表情も素敵ですね。「ウロボロス」で共演した生田斗真さんとは熱愛報道が流れたことがありましたが、その真偽はともかく、インスタグラムでの素顔を見ていると、彼女がモテるのも頷けますよ。

これからの清野菜名にも期待しよう!

清野菜名さんは、モデルでも、CM出演しても、ドラマや映画に出演しても、そのプロ意識の高さと勘の良さで高く評価され、有名作品にキャスティングされるほどの若手実力派俳優になりました。

しかし、売れっ子になった今でも、ヒロイン役ではなく個性的な、難しい役柄を選び続けているところに、女優魂を感じます。これからの活躍にも、期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です