今話題のことに乗っかるメディア

科学的に正しい英語勉強法を読んだ感想、日本人が英語をしゃべれないことの原因は、英語以外のところにあった

英語を何十年も勉強してきたのに、なぜ、こんなにも英語がしゃべれないのか。英語を使えるようになるには、一体どういう勉強法が本当に効果的なのか。

そう感じたことのある人は多いのではないでしょうか。私もそんな一人であり、その原因を知りたくて、この本(「科学的に正しい英語勉強法」メンタリストDaiGo)を読んでみることにしました。

原因は、英語以外のところにあった

この本の良いところは、単なる個人的な成功体験を書いている本ではなく、科学的な実験結果や調査結果に基づいて、説明をしているところです。

日本人の英語学習の勘違いを指摘し、具体的な対策を示してくれています。日本人が英語をしゃべれないことの原因は、実は、英語以外のところにあったのです。

自分で実際に、効果を実感

著者が実際に自分で使ってみて効果的だった、おすすめの教材や、学習戦略、ソフトやアプリ、サイトなども紹介してくれており、大変役に立つ情報が詰まっています。私は、実際にこの本の中で具体的に紹介されている情報を利用してみて、効果があることを実感しました。

例えば、アプリを利用すると、自分が実際に英語でアウトプットをする機会を自分で作ることができました。そして、英語でアウトプットすればするほど、英語が使えるようになってきたのです。

英語を、話せるから話すのではなく、話すから話せるようになってくるのです。英語を話すことができるようになりたいのなら、とにかく話してみるということがいかに大切なのかということがよく分かりました。「話す力」を鍛えたいなら、とにかく話してみるのが一番いいのです。

同様に、「読む力」を向上させたいなら、とにかく読む。でも、何でもかんでもただ読めばいいと言っているのではなく、その際のアドバイスもちゃんと書いてあります。まずは、自分の「読む力」が今、どれくらいなのか。

それを、なんとなく、ではなくて客観的な数値で計測するのです。そして、自分の今の力に一番合った効果的な教材、本を選ぶと、効果的に「読む力」をアップさせていくことができるのです。実際に行われた調査結果や数値に基づいてアドバイスしてくれているので、納得がいきます。

英語を学ぶ、真の目的とは

そして、私がこの本の中でとても共感したところは、「英語はツールの中の一つでしかない」というところです。

私たちが英語を学ぶことの目的は、「完璧な英語を話すこと」ではないのです。英語という一つのツールを使って、世の中とコミュニケーションをとり、よりよい人生を歩んでいくことなのです。そういうメッセージも込められており、とてもためになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です